--.--.-- -- --:--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.04.23 Wed 19:57

お米の種蒔き準備【その1】自家採種した種籾の脱芒と選別


Green Spoon Rice field に、レンゲの花が咲き始めました♥
自然栽培の田んぼに咲くレン

豆科の蓮華草は、根に着生する根粒菌に空気中の窒素を取り込み稲の成長を助けてくれる稲作の大切なコンパニオンプランツなのですが、除草剤を使用する田んぼでは生息することができません。
ところが自然栽培へと移行して除草剤を全く使用しなくなると、種を蒔かずとも自然に毎年花を咲かせる様になり、年々次第に繁殖して増えてゆくので、自然の摂理とは何とも不思議なものだと思います。

農薬や除草剤を使用しない田んぼでは、こうした草草や人間の目には見えない土の中の菌やバクテリアなど多様性に富む沢山の生命が、繋がり合ってお互いに支え合い、ステキなハーモニーを奏でているのです ♬♪♫♩♬


今年も「お米の種蒔き準備」が始まりました!

田んぼの湧き水の水温は11℃。
種籾を水に漬け催芽活動を始めるには少し低めですが、その分ゆっくりと時間をかけて催芽(発芽)させます。

水温11℃



昨年作付けした「朝日米」の中から選抜した自家採種の種籾を使用します。

Green Spoon では、種を自家採種することで、次世代に命(種)を繫いでゆくことを大切にしています。

又、種籾を毎年採種し続けることで、作付けをする田んぼの様々な環境や其処で関わり合う様々な生態系の情報を種の遺伝子にインプットし、その土地に適応する性質を持つ、その土地特有の個性のある稲を固定化することが可能になります。その土地の気候風土に適したオリジナルのお米は、病害虫にも強く、生命力に富んだ健康なお米になります。

朝日米種籾

こちらは、今年度初めて栽培する古代米のもち米「アクネモチ」。
種籾は黒っぽい色をしていますが、籾殻を除いた玄米の色は、薄緑色なので「緑米」ともいいます。

緑米種籾

今年は、村の当番で荒神様の神田を作付けします。
神事のため此処では、古代米を作付けすることにしました。
「アクネモチ」。とても珍しいお米のようなので今から楽しみです♡



種籾の準備ができたら、まずは「脱芒(だツぼう)」の作業です。
自家採種の種籾には、人間でいうヘソの緒の部分の枝梗(しこう)や、長い尾っぽの芒(ノギ・ノゲ)が残っていて、この状態のまま種蒔きをするとこれらの部分が播種機に引っかかり均一に播けないので、あらかじめ取っておきます。

ノゲ

ノゲ取り用の機械もあるのですが、ネットに入れた種籾を厚手の手袋をした手で揉めば意外と簡単に取れます。

ノゲ取り

ノゲが取れたら、実がスカスカの物や汚れのある物を取り除き、大きく充実した種を残す「種籾の選別」です。

目視選別

この作業にも専用の機械がありますが、私達はゆっくりと時間をかけて目視で丁寧に選別した後、さらに「塩水選」をします。

塩水選01

ぬるま湯で塩を溶かして塩水を作り、種籾を浸け、良く撹拌します。

塩水選02

塩水に浸けることで軽い種籾が浮いてきますが、こうした軽い種籾は、芽や根が出て来ても生命力が弱く、病気にもかかりやすい為すくって取り除きます。

比重計

塩水の濃度を計る比重計もありますが、生卵を使って比重を調べる方法もあります。
塩水に卵を入れ浮き方を調べます。
真水なら底に沈む卵が上まで浮いて縦向きだったら、もち米を選別するおよそ1.08の比重。

塩水選生卵もち米

塩の分量を足し、卵がほぼ横向きになれば比重はおよそ1.13で、うるち米を選別するのに適します。

塩水選生卵うるち米

塩水選をした種籾は、塩分が強く残っているので流水でよく洗い流しておきます。

塩水選すすぎ
(「塩水選」から次の「泥水消毒」の作業を続けて出来ない場合には、種籾を陰干ししておきます。)


「選別」の次は「消毒」の作業に入りますが、通常の慣行栽培では、この「種籾の消毒」の段階から農薬を使用します。
私達 Green Spoon Rice field では農薬は使用しないので、田んぼの泥水の菌で種籾を消毒をする「泥水消毒」をしています。

次回は、この不思議な「泥水消毒」についてのお話です。

"Green Spoon Rice field の自然栽培米「HPにてお米の予約受付中です。」"
”ブログではお伝えしきれない日々の様子は、FacebookにUPしています。”
にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ

関連記事

Comments

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。