--.--.-- -- --:--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.06.19 Fri 16:49

* 芒種 * 恵みの雨 「天水」での田植え



梅雨を迎え、Green Spoon Rice fieldに、今年も又、田植えの季節がやって参りました。


手植え風景


毎日、雨の日ばかりが続くと何だか気分も優れずに、
うっとおしく感じてしまうものですが、
稲作にとって、この時期の雨は、とても大切な恵みの雨なのです。


田んぼの水路


山からの湧き水だけを頼りにお米作りをしている昔ながらの里山の田では、
全てを天候に委ねているために、
この田植えの時期にしっかりと雨が降ってくれないと、
田んぼに水を溜めたり、維持をすることが出来なくなってしまうので
まさに天からの恵みの雨「天水」で、あるのです。

一昨年前の岡山県は空梅雨で、なかなか田んぼに水が溜まらず、
田植えが大幅に遅れてしまったり、

昨年は、田植え直後に溜まった水をモグラに何度も抜かれ、
田んぼに、充分な量の水を溜めておくことが出来なかったので、
水位が低く露出した箇所の土の上を、コナギなどの草草が、
あっという間に縦横無尽にはびこり、
稲の幼苗を守るための除草作業に大変苦労したという、苦い経験もあります。


天水の田んぼ02


今年は、6月に入ってすぐにまとまった量の雨が降ってくれたお陰で、
雨後のタイミングで、溜まり出した田から順に、代かきを始めたので、
約半月程の時間はかかりましたが、


代かき


和暦の「芒種(ぼうしゅ)」の日(2015年の今年は6月6日)には、
田植えをスタートすることが出来ました。

「芒種」という言葉は、普段あまり聞き慣れないかもしれませんが
「春分」や「夏至」と同じ二十四節気のうちの九番目の節気で、
「芒(のぎ)」とは、イネ科の植物の穂先にある刺の様な部分のこといい
昔の人々は、この「芒種」を目安に麦を収穫し、稲の種を蒔いていたのだそうです。

又、日本古来の四季の事物や年中行事などをまとめた『歳時記』によると、
「芒種」とは、大切に育んだ苗を田に植えながら、
田の神様に五穀豊穣をお祈りをする祭事として、とても大切な日なのだそうです。

雨に恵まれ、お日様に恵まれ、無事に稲穂が実りますように・・・




素晴らしい五月晴れの朝、田植えが始まりました ♪


ヤマビコ米田植えとライ



ところが、開始早々、田植機の植付け爪が曲がり、
動かなくなるというマシントラブルに・・・
可動部分の摩耗で、爪が干渉したようです。


田植機とライ


ユーズドなので、仕方が無い (^_^;)
なんとか修理して、午後から田植え再開!


2015田植え01


今年は、昨年と同様の『朝日米』、古代米の『緑米』に加え、
友人より譲り受けた中生品種の『日本晴(にっぽんばれ)』&『ヤマビコ』と、
全部で4枚ある田に、それぞれ異なった品種の稲を育てます。

今年、復活した『日本晴』は、コシヒカリ誕生以前、
全国的に最も作付けの多かった昭和の人気品種で、
お米アレルギー対応米として知られています。

初めて作付けする『ヤマビコ』は、
朝日米を先祖に持ち、日本晴の親にあたる品種です。


2015田植え02


田植機君の調子も良くなり、順調 ♪ 順調 ♬


日本晴れ田植え01


大切に育てた、ちびっ子苗ちゃん達が、どうぞ元気に育ちますように・・・


日本晴れ田植え02


月日が流れ、時代は変わりましたが、
田の神様にお祈りをする気持ちは、今でも大切にしてゆきたいです。


田植え直後の稲


そして夕暮れ時には、こんな素敵なサプライズが ♬


田植え後の夕焼け


水の張られた田んぼに移る美しい夕焼け空は、
この時期にしか見ることの出来ない、とても幻想的な風景なので、
思わず手を休めて、二人でしばらく眺めていると、
一日の疲れが、癒されてゆくのを感じました。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Thank you for your click !
にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ
にほんブログ村           




* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

HP用ロゴ01

HPにて、お米のご注文を受付ております。
http://www.greenspoon-net.com/

関連記事

Comments

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。