Post

2014.05.26  Mon  

お米の種蒔き準備【その3】苗土作り


種籾の「選別」と「消毒」に続き・・・稲作をはじめとする農作業には、苗の出来方次第で作柄の半分は決まってしまうという『苗半作(なえはんさく)』という言葉がありますが、今回は元気で良い苗を育てるのには欠かせない「苗土」の準備です。種籾を播く「苗土」には、米糠を田土に入れ発酵させて作る自家製の「稲育苗用培養土」と「籾殻燻炭(もみがらくんたん)」を混ぜて使用します。収穫したばかりのお米についている外側の皮...

2014.05.25  Sun  

『かみさまとのやくそく』上映会


先日、7月6日(日)に上映する「かみさまとのやくそく」の試写を見て来ました。子供はどうして生まれてくるのしょうか?私達は何のために生きているのしょうか?人は死んでもまた、生まれ変わるのでしょうか?胎内記憶とインナーチャイルドについての、このドキュメンタリー映画にその答えが見つかるはずです。胎内記憶とは、「お母さんのお腹の中にいた時の記憶」インナーチャイルドとは、「自分自身の内なる子ども」心の奥深くに潜...

2014.05.23  Fri  

お米の種蒔き準備【その2】種籾の消毒「泥水消毒」


前回のブログ『お米の種蒔き準備【その1】自家採種した種籾の脱芒と選別』の続きです。「塩水選」で、より充実して実の詰まった生命力の強い種籾を選んだ後は、「消毒」の作業です。農業をする様になり始めて知ったのですが、慣行栽培では農薬を使用することを一般的に「消毒」といいます。日本の稲作の場合、田んぼの土に直接、播種する栽培法は現在、ほとんどされておらず、育苗器で苗を生育することが一般的になっていますが、...

2014.05.18  Sun  

八十八夜〜立夏〜小満の畑


八十八夜と言えばお茶摘み♪お庭の茶の木で、一番茶を楽しみます。これから挿し木して増やして、茶畑にしたいと思っています。立夏に昨年自家採取した、チャドウィックチェリートマトと四葉キュウリの種を蒔きました。南アジアが原産地のキュウリは、乾燥を好みますが多くの水分が必要なので、夜露が溜まる様に、深めに段を付けて穴を掘り蒔きます。キュウリは一月づつずらして3回に分けて蒔き、長期間収穫が楽しめる様にします。チ...

2014.05.12  Mon  

「アースデイat岡山まきばの館」シードエクスチェンジ(種の交換会)


報告が遅くなりましたが、4/29(火)に開催された、「アースデイat岡山まきばの館」で、しっかり地球を楽しんできました♪「アースデイ」とは、地球の事を考え行動する日。雨と風の中、アースデイ実行委員の芦原さんの開催の挨拶。雨と突風に出店者のテントが飛ばされたり、ブレーカーが何度も落ちて電源が使えなくなったりとハプニングが続き大変でしたが、皆さんの協力で事故も無く進行出来ました。私達Green Spoonが担当した「シー...
Top