Post

スポンサーサイト


2015.06.19  Fri  

* 芒種 * 恵みの雨 「天水」での田植え


梅雨を迎え、Green Spoon Rice fieldに、今年も又、田植えの季節がやって参りました。毎日、雨の日ばかりが続くと何だか気分も優れずに、うっとおしく感じてしまうものですが、稲作にとって、この時期の雨は、とても大切な恵みの雨なのです。山からの湧き水だけを頼りにお米作りをしている昔ながらの里山の田では、全てを天候に委ねているために、この田植えの時期にしっかりと雨が降ってくれないと、田んぼに水を溜めたり、維持を...

2015.02.19  Thu  

旧正月には * 幻の古代米「緑米(アクネモチ)」*


新年あけましておめでとうございます。暦の上では、とっくに春を迎えたというのに、まだまだ寒い日の続く里山にも、そこはかとなく春の気配が感じられるようになって来ました。(今年も春一番に咲いたオオイヌノフグリ)新暦でのお正月が過ぎ、ひと月以上が経ちましたが、和暦(旧暦)では「立春」を迎えてから始めての新月の日になる、今日こそが、1月1日の元旦。いよいよ、新しい年の始まりです。新春のお慶びを申し上げると共に...

2015.01.16  Fri  

田んぼの雪景色


和暦での小寒(しょうかん)を迎え、これから一年で最も寒さの厳しい季節がやってきます。Green Spoon Rice fieldも、うっすらと雪に包まれました。農繁期には、多くの生き物たちで賑わうこの田んぼも、今はしんと静まり返った静寂の中で真っ白な雪に浄化されています。ゆっくりと、春に向けて・・・* Green Spoon Rice field の自然栽培米 * HPにて、お米のご注文を受付ております。ブログでは、お伝えしきれない日々の様子は、...

2014.06.15  Sun  

お米の種蒔き


前回のブログ『お米の種蒔き準備【その4】浸種と催芽 』に引き続き・・・今回は、いよいよ「お米の種籾蒔き」です♪チョコンと芽を出した「ハト胸」状態の種籾を陰干しで乾かし、播種機で育苗箱に蒔いてゆきます。『お米の種蒔き準備【その3】苗土作り』 編で、用意した「自家製米糠発酵の稲育苗用培養土」を篩(ふるい)に掛けて大きな土の固まりを取り除き、砕いて小粒の土に仕上げます。「燻炭」も篩掛けをして、藁や枯れ草などの...

2014.06.09  Mon  

お米の種蒔き準備【その4】浸種と催芽


しばらく間が空いてしまいましたが『お米の種蒔き準備【その1】自家採種した種籾の脱芒と選別 』『お米の種蒔き準備【その2】種籾の消毒「泥水消毒」 』『お米の種蒔き準備【その3】苗土作り』と・・・前回迄のブログに続き、今回は『お米の種蒔き準備【その4】浸種と催芽』編です。お米の種を蒔く際には、あらかじめ種籾を一斉に発芽させることで発芽ムラを減らす「催芽」という手順があります。眠っていた種子が目覚めて活動...
Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。